アジア&中国在住日本人生徒向けカナダ公立高校進学プログラム
EDUIC留学センター
ryugaku@eduic-sh.com

カナダ公立高校留学プログラムとは?

これまで、上海&中国&アジアの日本人学校、インター校、現地校にお通いの中学3年生にとって、
高校進学の選択肢は、
○帰国生入試で日本の高校へ進学
○そのままインター校、現地校に通う
が主流でした。

ところが、それぞれの選択肢には
○日本の帰国先に魅力的な帰国生受入校がない
○父親の帰任の関係で、高校卒業まで上海&中国&アジアに残ることができない
など様々な問題もあります。


そこでEDUICでは、高校進学の新しい選択肢として、
カナダの公立高校へ進学
というご案内ができる運びとなりましたのでご紹介いたします。

LinkIconお問合せから申込まで


 なぜカナダの公立高校?

・州政府の留学生へのバックアップ体制が充実している
・基本的に英語力が問われないので日本人学校からの進学もOK
・インター校生はIBカリキュラムを行っているハイレベル公立高校へ進学
・アメリカと同じ教育システムを取り入れているため卒業後の選択肢が幅
・ホームステイのクオリティが高い
・日本の高校と併願できる(日本の高校入試の結果が出てから留学するか決定できる)
・公立高校なので費用がアメリカ、イギリスに比べて格段に安い

☆先進8カ国の英語圏で、カナダは唯一公立学校への正規留学を受け入れています。
 アメリカやイギリスと比べ、費用が格段に安く済むのは、カナダ高校留学の魅力です。

LinkIcon費用はこちら LinkIcon学校紹介

☆イギリスの植民地時代からのイギリス英語と、テレビの普及で広がったアメリカ英語が融合し、
 カナダ英語は、世界で最も標準的な英語と言われています。
☆カナダは世界でも指折りの治安国家。国連で「世界一暮らしやすい国」に選ばれたこともあります。

カナダ公立高校進学プログラムの特徴①

日本国内では実現できない”グローバルな大学進学”が可能に!

英語圏の高校3年間で「英語力」「学力」「国際性」を身に付けるからこそ、日本のトップ大学はもちろん、世界トップ大学への進学が実現します。

LinkIcon卒業後の進路はこちら

カナダ公立高校進学プログラムの特徴②

現地日本人スタッフのきめ細かいサポート

現地の日本人スタッフが、在学中のサポートをきめ細かく行うので保護者も安心。
 ●後見人手配、法律文書の作成安心できるホストファミリー
 ●空港到着時の出迎え手配サポート
 ●入国時オリエンテーション・市内観光・生活案内
 ●入学時の高校オリエンテーション同行〔進学先による)
 ●ホストファミリーへの連絡・対応・交渉
 ●現地でのモニタリング及び学校の担当者及び教育委員会への連絡
 ●在学中の補修クラス(土曜日:2時間)
 ●学習面でのアドバイス・カウンセリング日本人スタッフの補修サポート
 ●月に1回の保護者レポート発行
 ●成績表の送付・解説
 ●現地からのレポートやメールなどの翻訳手配
 ●帰国へ向けてのサポート(航空券情報他)
 ●帰国後の進路相談とアドバイス(帰国子女入試ほか)
 ●海外大学進学相談・情報提供